このサイトは、氷河期世代の、氷河期世代による、氷河期世代のための、情報交換サイトです。
categories selected_entries recent_comments
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Japan's Lost Generation
By just about any measure, Japan is back. The economy is growing at 2% a year, company profits are soaring, and land prices are rising. Unemployment, meanwhile, is down to 4% as Japan Inc. has started hiring again, with many college grads receiving multiple job offers. Suddenly, the future looks bright for a new generation of Japanese.

あらゆる観点から見て、日本は再生しています。経済成長率は年間2%、企業収益も急上昇しています。地価も上がっています。日本株式会社は雇用を再開し、失業率も4%まで下がっています。多くの新卒者が複数の求人を受けています。新世代の日本人にとって、ふいに未来が明るくなったように見えます。

Try telling that to Sadaaki Nehashi. The 31-year-old contract worker at delivery company Yamato Transport makes just $1,100 a month sorting packages?about a third of the average income for full-time employees in Japan. Thats a step up from when he landed the job six years ago, though not enough for Nehashi to afford a place of his own, so he lives at his parents' modest home in central Tokyo. "I've had to lower my expectations a bit," says Nehashi, who graduated from university with a degree in marine biology in 2000. "But if I had waited around for a full-time job, I might have been waiting forever."

それをネハシ・サダアキに話してみて下さい。運送会社ヤマト運輸の31歳の契約労働者である彼は、荷分け作業をして、月給はちょうど1100ドル、日本の正社員の平均所得の3分の1です。それはネハシが彼自身の部屋を持つには十分ではないものの、彼は両親の東京都心にあるこじんまりとした家に住んでいるので、6年前に仕事を得た頃よりはステップアップしています。ネハシは「私は私の希望を少しばかり下げなければなりませんでした」と言います。彼は2000年に海洋生物学の学位を取得して大学を卒業しました。「しかし、私が正社員の仕事に就くために、ぶらぶらして待っていたなら、私は永久に待っていたかもしれません」

If a rising tide lifts all boats, then why are millions of Japanese like Nehashi treading water? There's an entire generation of people in their late 20s and early 30s who came of age during Japan's so-called lost decade, a stretch of economic stagnation that started to ease in 2003. Through that period, with Japanese companies in retrenchment mode, young people faced what came to be known as a "hiring ice age." Many settled for odd jobs or part-time work to make ends meet but hoped eventually to find their way into regular employment with the stars of corporate Japan. Instead, they're being passed over in favor of new graduates?a serious problem in a country that still values lifetime employment and frowns on midcareer job-hopping.

満ち潮が全てのボートを浮き上がらせるなら、ネハシのような数百万の日本人はなぜ立ち泳ぎをしているのですか?日本のいわゆる「失われた10年(2003年に緩和し始めた不景気の範囲)」に成年となった彼らは、20代後半から30代前半になっています。その時期、日本企業は経営縮小にあって、若者は「就職氷河期」として知られるようになった状況に直面しました。多くは収支を合わせるために、アルバイトやパートを受け入れましたが、本当は日本の有名企業に正社員として採用されることを望んでいました。それにもかかわらず、日本はまだ終身雇用を評価し、転職を繰り返す人を中途採用することには否定的な国であるため、新卒を優遇することの深刻な問題点を見過ごしています。

This group is called the "lost" or "suffering" generation. Some 3.3 million Japanese aged 25 to 34 work as temps or contract employees?up from 1.5 million 10 years ago, according to the Ministry of Internal Affairs. These young people have earned various less-than-desirable classifications in hierarchy-conscious Japan. They might be keiyakushain, or contract workers, typically lower-paid than full-time staff, with fewer benefits and minimal job security. Or they're hakenshain (people employed by temp agencies); freeters (those who flit from one menial job to the next); or, at the bottom, NEETS (an acronym coined in Britain that stands for not employed, in education, or in training). The plight of such folks was the subject of a recent TV drama called Haken no Hinkaku, or Dignity of the Agency Worker, the saga of a twentysomething temp who must put up with the snobbery of full-time colleagues despite her long list of qualifications.

このグループは、「失われた」または「苦悩する」世代と呼ばれています。内閣府によると、25〜34歳の臨時職員か契約社員として働いている日本人は、10年前の150万人から、約330万人に増大しています。これらの若年層は、ランクを意識している日本において、様々な、あまり望ましくない分類をされました。彼らの典型は、最低限の雇用を確保するために雇われた正社員よりも、低く見積もられている契約社員か、あるいは派遣社員(派遣会社に雇用された人々)、フリーター(つまらない職を転々とする人)、ニート(英国による造語で、「雇用されておらず、通学や職業訓練もしていない」の頭文字)であるかもしれません。そのような人々の状況は、「派遣の品格」というタイトルのテレビドラマにもなりました。(20代の派遣社員が、彼女の資格に関する長いリストにも関わらず、正社員の同僚の紳士気取りを我慢しなければならない物語)

SKILLS SHORTAGE

With Japan's economy on the mend, you'd expect the ranks of the underemployed to shrink fast. But the number of agency and contract workers continues to swell. To spur employment during the lean years, Tokyo made it easier for companies to add temporary employees. Now, even with fat times back, big employers are reluctant to take those people on permanently.

スキル不足

回復に向かっている日本の経済で、あなたは非正規雇用の階層が早く縮小することを期待するでしょう。しかし派遣会社と派遣社員の数は膨らみ続けています。不況時に雇用を促進させるため、日本は企業が短期契約の社員を容易に採用できるようにしました。景気が回復した現在でも、大企業はそうした人たちを正社員として採用することには難色を示します。

In their defense, Japanese companies say people from the lost generation aren't equipped to move into the middle rungs of the corporate world. "No matter how much companies want to hire from among this pool, many in their early 30s just don't have the needed skills," says Toshihiro Nagahama, senior economist at Dai-Ichi Life Research Institute. Employers also fear that freeters who have drifted from one job to another will be less loyal than ambitious grads hoping to work their way up through the ranks.

彼らの防衛策では、日本の企業は、失われた世代の人々が、社会の中心に立つのに必要な能力を備えていないとみなしているのです。「企業がどれだけこのプールから優れた人材をすくい上げようとしても、30代前半の多くが必要とされる技術をまったく持っていません」と、ナガハマ・トシヒロ(第一生命研究所の上級経済学者)は言います。雇用主も、1つの仕事から別の仕事へあてもなくさまよったフリーターが、組織の中で自分の人生を切り開いていくことを望む野心的な卒業生より忠実でないことを恐れます。

These millions of young people face a life that's vastly different from that of their parents. For Japan's postwar baby boomers, jobs provided certainty, spurring them to partner and procreate. Faced with insecurity, many of Japan's twenty- and thirtysomethings are doing neither. The number of marriages fell to 714,000 in 2005 from 1 million-plus in the 1970s. That could exacerbate a drop in Japan's birthrate, already among the lowest in the developed world. "You don't get maternity pay, and you have no job to return to?that makes it hard,"says Masako Ikeda, a 30-year-old who works at a video game company in Tokyo but is employed by a job agency.

これら何百万もの若者が、彼らの親のそれとは大きく異なる人生と向き合っています。日本の戦後のベビーブーム世代(団塊の世代)のために、仕事は安定して供給され、伴侶の出産を促しました。不安定に直面した、日本の20代〜30代の人の多くはどちらもおこなっていません。結婚の数は1970年代の100万強から、2005年には71万4千にまで減少しました。それは日本の出生率を先進国の中で最低に悪化させました。「産休手当も貰えず、(出産後に)仕事に復帰することもできない。だから難しくなる」と、イケダ・マサコ(東京でテレビゲーム会社で働くが、派遣会社によって雇用されている30歳)は言います。

The suffering generation also suffers from more mental illness. Workers in their 30s accounted for 61% of all cases of depression, stress, and work-related mental disabilities last year, up from 42% in 2002, according to a study by the Japan Productivity Center for Socio-Economic Development. "Because of the anxiety stemming from job insecurity, it is quite natural that these people have problems," says Susumu Oda, the psychiatrist in charge of the survey.

また、苦悩する世代は、より多くの精神病に苦しみます。社会経済生産性本部の研究によると、30代の労働者は昨年、うつ、ストレス、および仕事関連の精神障害に関する全ての事例で、61%を占めており、2002年の42%から上昇しています。仕事の不安定から生じる心配のために、これらの人々が問題を抱えるのは全く当然です」と、オダ・ススム(調査担当の精神科医)は言います。

The fate of the likes of Nehashi and Ikeda worries Japan's economists. If members of the lost generation don't land higher-paying, salaried jobs, they won't have much pocket change to spend or funds to sock away for their old age. Credit Suisse Group (CS) estimates these people could saddle Japan's taxpayers with $67 billion a year in retirement and health-care costs if their number remains at current levels for the next three decades.

ネハシとイケダのような運命は、日本の経済学者を悩ませます。もし失われた世代のメンバーが、より高い給与を得られる仕事に就けないと、彼らは彼らの老後のために使う多くの現金や財源を持つことができないでしょう。クレディ・スイス・グループ(CS)は、彼らの数が30年間、現在の水準に止まる場合、これらの人々の退職と医療費によって、日本の納税者は年間670億ドルを負担することになるかもしれないと試算します。

Tokyo is waking up to the problem. Last year it set targets for paring the ranks of the underemployed, and it is offering companies $2,500 for each new hire of a freeter aged 25 to 34. And in September, the Health, Labor & Welfare Ministry unveiled projects to help NEETS join the workforce. It plans to double the number of NEET outreach centers, staffed by psychologists and job counselors, to 50 this year and to increase training schools to 40 from the current 25. "The government is finally realizing that it has a crisis on its hands," says Yosaku Sato, director of the Bunka Gakushu Cooperative Network, a nonprofit based on the outskirts of Tokyo that receives $200,000 a year in public funds to run training and placement services targeted at young people.

日本は問題に目覚め、昨年、非正規雇用の階層を削減する目標を設定しました。そして25〜34歳のフリーターを1人雇用する毎に、企業に2500ドルを助成しています。また9月には、厚生労働省が、ニートの就労支援をおこなうための計画を公表しました。それは今年度、臨床心理士とキャリアカウンセラーなどが配属された若者自立塾の数を50ヶ所に倍増させ、職業訓練所を現在の25ヶ所から40ヶ所に増やすという計画です。「政府はついに、手に危険を持っていることに気が付いた」とサトウ・ヨウサク(文化学習協同組合ニューヨークの責任者、職業訓練をおこなうために公的資金で1年につき20万ドルの助成金を受けている東京近郊のNPO団体、および若者を対象とした職業斡旋業者)が言います。

Some companies are pitching in, too. Toyota Motor Corp. (TM), which has tripled the number of workers it employs on short-term contracts to 10,000 since 2001, put 943 into permanent positions last year and plans to convert 1,200 more by next March. Phone company Nippon Telegraph & Telephone Corp. (NTT)and Fast Retailing Co., owner of the Uniqlo clothing chain, have announced similar plans.

そして、いくつかの会社も協力しています。2001年以降、契約社員の人数を3倍の1万人にしたトヨタ自動車は、昨年、943人を正社員として採用し、次の3月までに、さらに1200人を正社員化する予定です。電話会社のNTTと、ファーストリテイリング社(衣類チェーンユニクロの親会社)も類似の計画を発表しました。

RANKLED RANKS

Meanwhile, some disgruntled Japanese contract workers are pressing for change the old-fashioned way. Electronics giant Canon Inc. (CAJ) is in the spotlight after Hideyuki Ohno, a 32-year-old temporary worker at the company's Utsunomiya factory, near Tokyo, organized 17 other temps into a union. His beef: After seven years on the job, he's still employed by an agency, not Canon. Ohno, who earns $2,200 a month polishing glass lenses for steppers, the complex machines used to make semiconductors, says he hasn't had a raise in five years. "I heard my salary was nearly half of a regular staffer of the same age, but I tried not to care about it too much," says the father of two. Then Ohno read in a newspaper that Canon may have violated employment law in not offering him a permanent position after his many years with the company. That spurred him to file a complaint with the Labor Standards Office.

苦難を強いられた階層

一方、日本の不満を抱える一部の契約労働者は、時代遅れの方法で変化を迫っています。電子工業大手のキヤノンは、オオノ・ヒデユキ(東京近郊にある宇都宮工場の32歳の派遣社員)が17人の他の派遣社員を組織して組合を作ったことで注目を集めています。彼の不満:勤務して7年が経過しても、彼はまだ派遣会社(キヤノンではない)によって雇用されています。オオノはステッパー(半導体を作るために使用される複合機)のためのガラスのレンズを磨いて、1ヶ月に2200ドルを稼ぎます。彼には5年間昇給が無いと言います。「私は私の給料が、ほとんど同じ年齢である正社員の半分であると聞いていました。しかし私はそれにあまり関心が無いように装いました」と、2人の子供をもつ父親が言います。そして大野は、キヤノンが彼を何年も正社員にしないことは雇用対策法違反の疑いがあると新聞で読みました。それは彼が労働基準監督署に告訴することを駆り立てました。

Despite growing profits, Canon still relies heavily on outside help. In 2006, it increased its ranks of contract employees by 19%, to 37,000; permanent staff rose 4%, to 50,753. Canon declined to comment on Ohno's case but says it treats temporary workers fairly and follows all labor laws.

利益が上がっているにもかかわらず、キヤノンはまだ、外部の労働力に非常に頼ります。2006年には、契約社員の階層を19%増の3万7千人にしました。正社員は4%増の5万753人です。キヤノンはオオノのケースについてコメントは控えたものの、派遣労働者を公正に扱って、全ての労働法に従うと言っています。

Ohno says the dispute has opened a rift between temps and full-timers at the plant where he works. After he launched his lawsuit, tape was put on the floor to demarcate the line between permanent employees and temps. "We used to all work together," says Ohno. "But now they don't even say, Good morning.'"

オオノはこの論争が、彼が働く工場の派遣社員と正社員を分断させたと言います。「私たちは皆、以前はよく一緒に働いていました。しかし現在、彼らは、おはようの挨拶さえしてくれません」

(出典:BusinessWeek May,17,2007
comments(0)
韓国における格差
先日、某報道番組で「韓国における大卒者の就職内定率が約66%」と紹介されていた。韓国は大学への進学率がほぼ100%という水準なので「若者の3人に1人が就職できない」と言い換えることもできる…まるで現在の日本だ。経緯に多少の違いはあるものの、韓国でも「格差」は着実に進行しているらしい。また番組では公務員の採用試験に挑戦する若者の様子も紹介されていたが、76人の募集に対し、応募は12000人だという、倍率にして155倍…もはや宝くじでも買ったほうがいいような気もする。格差は世界的な現象なのか?
comments(0)
| 1/1PAGES |