このサイトは、氷河期世代の、氷河期世代による、氷河期世代のための、情報交換サイトです。
categories selected_entries recent_comments
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
雇用のミスマッチとは?
雇用のミスマッチという言葉には2つの意味がある。1つは「需要はありながら、それを満たすだけの人材がいないこと(※1)」で、もう1つは「被雇用者が、個人の適性に合わない雇用状態にあること」だ。前者の意味では特に「経済用語」として使われる場合が多く、後者の意味では「教育用語」として使われる場合が多い。ちなみに文部科学省は、近年のフリーター増加は、この「雇用のミスマッチ」が原因であり、「自分の適性を理解させることで改善できる」としているが、これは求人が豊富で、複数の選択肢がある場合のみ成り立つ論理であって、求人が無く、妥協に妥協を重ねて得られた内定がミスマッチなものになりやすいのは、むしろ自然なことである。

(※1)2007年の時点では、医師、看護士、保育士、介護福祉士、システムエンジニア、工員、などが不足していると言われている。
comments(0)
| 1/1PAGES |