このサイトは、氷河期世代の、氷河期世代による、氷河期世代のための、情報交換サイトです。
categories selected_entries recent_comments
<< 排除された命・笹島追悼集会(8) | main | 排除された命・笹島追悼集会(6) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
排除された命・笹島追悼集会(7)
はい、それでは「笹島日雇労働組合」の石田さん、お願いします。
笹島日雇労働組合・石田さん
こんばんは、今日の3時から追悼集会のためにですね、組合や夜回りのメンバーを集めて、皆で今日の集会の準備をやりました。明日もですね、夏祭りを則武公園(のりたけこうえん)でやります。この1年で15名のね、仲間が「死んでる」わけですが、本当に高齢化し、それで体力が弱ってね、亡くなった仲間がね、毎年増えてます。そういう意味じゃ、私たち日雇い労働者や、野宿労働者がですね、本当に繋がって生きていくことが、本当に、いま必要になってます。この1年間に死んだ仲間以外にもですね、闘いの中で殺されたり、あるいは現場で労災死したり、あるいは拘置所で職員の薬品投与によってね、殺された仲間もいます。そういう意味じゃ、我々の階層はですね、本当に権力や、役所や、あるいは資本に、良いように酷使され、そしてまた殺された…こういう階層です。そういう意味じゃ、私たちの組合はですね、本当に何も無いところから仲間と繋がって、そして仲間の権利をですね「獲得する」このような組合です。そういう意味じゃ、権利は仲間が、全体が動いて獲得するものだと思います。そういう意味じゃ、生保…生活保護もそうですが、それはやはり1人1人の権利じゃなくて、皆の共同の財産なんだと思います。いま生保の問題でですね、北九州はね、この間「生保を取り上げて死亡する」というような事件がありました。そういう意味じゃ、いま政府はですね、今年度の予算は420億円のね、生保の予算がね、削減になりますし、それでやはり仲間はね、しょうがなくて「生保を取る」というね、ことでも本当に仲間がね、そういう切実な要求についてはね、窓口から排除する…そういうような状態です。そういう意味では私たち若い時はオヤジにね、酷使されて、そして今度は仕事ができなくなったら放り出される…このような日雇い労働者のね、そういう世の中をやはり変えなきゃいけない、それがやはり日雇い労働組合の役割だと思います。いまネットカフェとかね、あるいは派遣労働者とかね、若い分も含めてですね、いま不安定な雇用がどんどん増えてます。そういう意味では、いま資本がですね、本当に自分たちの利益のために労働者を使い捨てにして、そして野宿に追いやる…このような風潮が強まってると言えます。名古屋でもトモサービス(人材派遣会社)ですね、ヘルメット代とか、あるいは安全帯(高所作業用の命綱)、に500円、400円を取るとかね、あるいは歳をとってるから1000円をさっぴく…そのような業者が増えていってます。私はそういう意味じゃ、朝日建設(山梨県都留市)とか、あるいは野宿の末に野たれ死ぬようなね、社会を変えさせなければいけません。安倍政権のですね、この間の参議院選は、本当に人民の怒りの中で、自民党・公明党の得票が減少し、そして本当に今の政治の中では、本当に今の野宿者や日雇い労働者がね、増えないように社会を変えなきゃいけない、こういうような声が広がってきています。私たち日雇い労働者もですね、下層からこの自民党・公明党の政権を打倒する闘いを、この夏祭りから秋の闘争に向けて、連続で闘うことを決意します。
(笹島日雇労働組合・石田さん)
comments(1)
スポンサーサイト
-
Comments
PR
| 節約術 | 2009/02/19 6:51 AM |
Contribute