このサイトは、氷河期世代の、氷河期世代による、氷河期世代のための、情報交換サイトです。
categories selected_entries recent_comments
<< 人生を返せ! | main | 排除された命・笹島追悼集会(9) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
排除された命・笹島追悼集会(10)
焼香壇で手を合わせる女性 この後、集会に参加した人たち(推定400名以上)が焼香壇の前で手を合わせた。 炊き出し準備 追悼集会の後、野宿者の人たちのために炊き出しが配布された。その日のメニューは、パック詰めの炊き込みご飯と魚の缶詰。なお、この炊き出しの配布には、近所の女子高に通う15名の有志たちもボランティアとして参加した。 炊き出しの様子 ある野宿者の男性は「集まってくる人たちの大半は炊き出しが目的だろう」と言う、しかし続けて「でも、それで良いんだ」と付け加えた。つまり、たとえ目的が炊き出しであっても、こうして仲間が集まることで死者が弔われるというわけだ。確かに人知れず亡くなっていった人たちは誰にも看取られることなく、多くは遺族も引取りに来ない。孤独なまま成仏するよりは、仲間に見送ってもらえたほうが幸福なのかもしれない。しかし本当に大切なことは、今後こうした形で死んでいく人たちを、たとえ1人ずつでも減らしていくことではないだろうか?この追悼集会が、毎年の恒例行事にならないことを願わずにはいられない。
comments(3)
スポンサーサイト
-
Comments
厳しく、冷たい世の中だからこそ、孤独のうちにひっそりと逝く人々の存在を
アピールするのは意義ありますね。
| むかしPTA大好きおばさん | 2007/08/26 11:47 PM |

どうもありがとうございます。行政は路上や公園から野宿者を閉め出して、その存在自体を隠蔽しようとしています。しかも子供たちに対しては「ホームレスは悪い人間」という意識を植え付け、襲撃をおこなわせています。行政の不作為を個人の問題であるかのごとく扱い、責任を放棄する今の政府のやり方を、絶対に許すことはできません。
| NEMO | 2007/08/27 6:23 AM |
PR
| 節約術 | 2009/02/19 9:25 AM |
Contribute